カール ラガーフェルド(KARL LAGARFELD)自身と愛猫シュペットがポップでキュートにオリガミキャラクターとして登場しているのが特徴である

現在アメリカで公開中でウィレム・デフォーとほぼ2人芝居の映画『The Lighthouse(原題)』での演技の評価も非常に高く

昨夜は、サントリーホールで都響B定期を聞いてきました。 大野和士の指揮で、 シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲 … そしてタイトルロールを演じるバットマンの新作映画は2021年公開予定だ